妊娠2ヵ月(4〜7週)のママへ

■ おなかの赤ちゃんのためにできることは?

妊娠2ヶ月といえば微妙な体の変化を感じて、妊娠を実感してきている頃でしょうか?それとも産院の超音波検査で小さな丸い袋に入っている赤ちゃんを見て感動している頃でしょうか?これから8ヵ月間、ママと共に過ごす「赤ちゃん」です。この感動をしっかりと覚えておいてくださいね。日記に書くのもいいことだと思います。子どもが成長したときに見せてあげたらきっとママと同じように感動してくれるのではないでしょうか。

この頃からつわりの症状が強くなるママもいます。でもこれはおなかの中で赤ちゃんが成長している証拠なのです。つわりは多くのママの場合、胎盤が完成する4ヵ月頃にはおさまります。つわりの症状が軽いママは、体重管理に気をつけて下さいね。初期から体重が増えてしまうと、これからが大変です。バランスのとれた食事と減塩を心がけましょう。つわりがひどいママは食べられるものを食べるだけで十分です。食生活の見直しは体調がよくなってから気をつけましょう。

 

■ ママの体の変化と特徴は?

月経が遅れて、「もしや妊娠?」と気づき始める頃です。朝、起きたときや空腹時に胸がムカムカしたり、においに敏感になったりと、つわりの症状が出始めるママもいます。体がほてる、嗜好が変わる、眠いなど変化がある人もいます。

おなかの大きさは変わりませんが、子宮はひと回り大きくなり、膀胱を圧迫するため頻尿になる場合もあります。予定月経の頃、「月経様出血」といい、月経と間違えそうな出血があることもあります。体の変化を感じたら、妊娠の確認、流産の可能性を考えて、早めに受診しましょう。

 

■ おなかの赤ちゃんの成長記録

妊娠5〜6週になると超音波検査で、胎嚢(たいのう)を確認することができます。確認できれば、子宮外妊娠の心配もなく一安心です。

妊娠7週になると、えらやしっぽがなくなり、頭と胴の区別がついて2頭身になり、人間の赤ちゃんらしくなります。手足には水かきがあり、しだいに指が分かれていきます。脳や脊髄、目や耳の神経などが急速に発達します。妊娠4〜7週は器官形成期といい、大事な時期です。この時期の赤ちゃんは、魚類、両生類、爬虫類、哺乳類の原型、ヒトへと、生物の進化を一気にとげます。

成長成長 妊娠2ヶ月の赤ちゃん 成長成長
大きさ・・・約12mm
体重・・・・約4g

 

■ この時期のパパへ

つわりの原因はいろいろ説がありますが、精神的なものがかなり影響しているといわれています。水分も取れず、点滴のため通院しなければならないような重いつわりの場合は、パパも心配し、自然にサポートする気持ちにもなるでしょう。

でも、1日中ずっとムカムカした状態が続いたり、どんなに寝ても眠くて眠くてたまらないというようなタイプのつわりのときは、ママもいちいち口に出してつらさを訴えないかもしれません。空腹になると何か食べ物を口にしないと気分が悪くなる妻に「また食べてるの?」と言ったり、眠気が続く症状の妻に「まだ寝てるの?」などと声はかけないようにしましょう。この時期は多くのママが心も体も絶不調のときです。普段以上に優しい言葉と態度で接してあげてください。

妊娠初期(1〜4ヵ月)のママへ