妊娠5ヵ月(16〜19週)のママへ

■ おなかの赤ちゃんのためにできることは?

おなかの赤ちゃんは、骨格や筋肉が発達してきて、今まで以上に元気に活発に動き出します。これまでは動きもまだ小さくてママには感じられなかったのですが、赤ちゃんの力強い動き(胎動)を感じられるようになります。ただ、胎動の感じ方には個人差があり、妊娠6ヶ月にならないと感じない人もいますし、弱く感じる人もいます。あまり感じないからといって、赤ちゃんの元気がないわけではないので、安心してください。いずれしっかりとした胎動を感じることができるでしょう。

胎動があると、赤ちゃんから話しかけられているようで嬉しくなります。おなかをなでてあげたり、話しかけたりして赤ちゃんとのコミュニケーションを楽しみましょう。赤ちゃんはおなかの中で体を動かしたり、おしゃぶりをして、皮膚感覚を楽しんでいます。皮膚からの刺激は赤ちゃんの脳を発達させます。適度な刺激はとても大切なので、おなかをマッサージしたり、ウォーキングなどで振動を与えてあげるのもいいですよ。

 

■ ママの体の変化と特徴は?

安定期に入りました。子宮の大きさは大人の頭ぐらいになり、おなかのふくらみが目立ってくるようになります。乳房やおしりが大きくなり、皮下脂肪がついてきて体つきも全体にふっくらとしてきます。乳腺が発達するためブラジャーがきつく感じられるかもしれません、無理に押さえつけると乳腺の発達を妨げるので体に合ったマタニティブラジャーをつけましょう。母乳の準備のため、乳腺から黄色っぽい分泌物が出ることもあります。早い人で18週くらいから、胎動を感じることもあります

 

■ おなかの赤ちゃんの成長記録

赤ちゃんは4頭身になり、バランスのとれた体つきになります。骨格も筋肉も発達してきた赤ちゃんは、羊水の中で体を伸ばしたり手足を突き出したりして、元気に力強く動き出します。ママの体がふっくらしてきたのと同じように、赤ちゃんの体にも皮下脂肪がつき始めます。髪の毛やつめの生え始めるのもこの頃です。腎臓や膀胱もほぼ完成し、赤ちゃんが羊水を飲んだり、おしっこをしている様子が超音波検査で見えることも。指しゃぶりをしている姿に出会えることもあります。

成長成長 妊娠3週の赤ちゃん 成長成長
大きさ・・・約25cm
体重・・・・約280g

 

■ この時期のパパへ

そろそろママの体調も落ち着いてきた頃ではありませんか?もうすぐ安定期に入ります。安定期は初産の2人の思い出作りにもってこいの時期です。赤ちゃんが生まれるのは嬉しいけれど、2人きりで過ごす時間が残り少ないのはちょっとさびしい・・・という人もいるでしょう。「2人だけの時間に悔いを残さないことが、産後の育児を乗り切るポイント」と、多くの先輩パパ・ママが話しています。

    

妊娠経過が順調なママなら、2人きりの最後の旅行計画を立てるのもいいでしょう。ゆったりしたスケジュールを組めば、多少の遠出はOKです。ママは疲れやすく、トイレも近くなりがちなので、こまめに休憩を取るように心がけましょう。一生に幾度と味わえない大きなおなかを写真に残すのもオススメです。将来、子どもと妊娠中の旅行の写真を見せながら話ができれば楽しいですね。

★妊娠中の旅行についてはこちら

妊娠中期(5〜7ヵ月)のママへ