ベビー用品お買い物チェックリスト

■ 肌着&ウエア


みんなが必要
アイテム 目安数 平均
購入価格
ひと言情報


50cm 3枚 1200円 着丈は赤ちゃんの腰まで。長袖のものと半袖のものがあり、重ね着しやすくもっとも基本的な肌着。夏の暑いときはこれ1枚でも。
60cm 2枚
コンビ肌着 2枚 1393円 裾が二股に分かれていて、スナップで留めるようになっている。動いてもめくれない。
ツーウェイ
オール
2枚 3012円 裾にあるスナップの留め方によって、カバーオールにもベビードレスにもなる便利な一着。
必要に応じて
アイテム 目安数 平均
購入価格
ひと言情報
長肌着 1枚 940円 赤ちゃんの足まですっぽり包み込む長い丈。夏生まれの場合は用意しなくても
カバーオール 適宜 2969円 裾がズボンの形になるウエア。おむつ替えのときは、スナップで開閉できる。
プレオール 適宜 2150円 裾が短いズボンの形で、袖丈も短め。手足がしっかり出る、夏向きのウエア。
アフガン 1枚 3528円 肌寒いときくるんだり、タオルケット代わりに使ったりもできる。正方形の布状のものがメーン。
ベスト&
カーディガン
1枚 - 肌寒いときの体温調節用に。夏生まれの場合でも、冷房対策として用意しておいたほうが。
帽子、靴下、
ミトンなど
適宜 - 外出するようになったら、紫外線対策としてつばのあるタイプの帽子があると便利。

 

■ おむつグッズ


みんなが必要
アイテム 目安数 平均
購入価格
ひと言情報
紙おむつ
(新生児用)
1パック 1419円 赤ちゃんの肌との相性もあるので、産前のまとめ買いはNG。まずはサンプルで試してみても。
*布おむつ使用の場合
布おむつ
20枚 2073円 自分で裁断して縫う反物、仕立て上がっている輪形、そのままの形で当てられる成形が。
*布おむつ使用の場合
おむつカバー
4〜5枚 (1枚)
1475円
通気性では綿やウールのも、乾きやすさではポリエステルのものが優れている。
必要に応じて
アイテム 目安数 平均
購入価格
ひと言情報
おしりふき 1パック 657円 肌質によっては合わないものあるので、産前に同じメーカーのものを買いすぎないで。
紙おむつ処理器 1個 2850円 ゴミ回収までの紙おむつの保存やにおい対策に。取替え用品の買い足しが必要。
つけ置き用バケツ 1個 735円 布おむつを洗剤液につけておくためのバケツ。ふたつきのものがオススメです。
布おむつ&
肌着用洗剤
1個 619円 赤ちゃん専用にこだわらず、刺激の少ない成分内容のものを選んで。
おむつライナー 1箱 970円 布おむつに敷いて使うシート。うんちだけをキャッチして、布おむつの汚れを減らす。

 

■ おっぱい&ミルクグッズ


みんなが必要
アイテム 目安数 平均
購入価格
ひと言情報
哺乳瓶&乳首 小 1〜2本 (1本)
1014円
母乳育児の場合も、白湯や果汁、搾乳した母乳を飲ませるために必要。
必要に応じて
アイテム 目安数 平均
購入価格
ひと言情報
粉ミルク 1缶 2559円 産後の母乳の出具合によっては不要。産院でもらえるケースも多い。
哺乳瓶用ブラシ 1本 579円 ナイロン製はガラス製哺乳瓶、スポンジ製はプラスチック製哺乳瓶に使うのが一般的。
哺乳瓶用洗剤 1本 575円 刺激の少ない成分で作られ、こびりついたミルクの汚れもきれいに落ちる。
哺乳瓶消毒グッズ 1セット 1482円 消毒方法は煮沸、つけ置き、電子レンジの3通り。消毒方法を検討してグッズ選びを。
調乳ポット 1台 5907円 ミルク作りに最適な50〜60度のお湯が簡単に作れ、保存しておける。調乳時間を短縮。
哺乳瓶保温ケース 1個 1389円 お湯の入った哺乳瓶を入れておくと、しばらく保温ができるケース。お出かけに便利。
母乳パッド 1箱 875円 母乳のもれを吸収し、衣服の汚れや雑菌の繁殖を防ぐ。
搾乳器 1個 2511円 おっぱいが張るときや、残った母乳をしぼっておくときに便利。
おっぱいケアグッズ - - 陥没・扁平乳頭を引き出す乳頭吸引器、おっぱい専用の温・冷湿布など、必要に応じて。

 

■ 沐浴&衛生グッズ


みんなが必要
アイテム 目安数 平均
購入価格
ひと言情報
ベビーバス 1個 1780円 使用期間は1ヶ月過ぎまで。床置き、流し台にはめこんで使うタイプ、両用タイプが。
沐浴布など 1枚 689円 沐浴のとき、裸になると不安になる赤ちゃんを包むための布。ガーゼ素材が多い。
ベビー石けん 1個 495円 固形、液体、泡タイプが。肌との相性もあるので、産前には1つ用意して産後買い足しを。
綿棒 1箱 305円 耳、鼻、おへそのケアに。小さな鼻や耳の穴に合わせて作られた、ベビー用品を選んで。
体温計 1個 2695円 耳式とわき下式がありますが、正確に測れるのはわき下式です。短い時間で測れる予測式電子体温計が便利。
必要に応じて
アイテム 目安数 平均
購入価格
ひと言情報
湯温計 1個 695円 沐浴のときお湯に浮かせて湯温をチェックする。大人の体感温度でもOKとの声も。
沐浴補助グッズ 1個 1620円 ベビーバスに取り付けて赤ちゃんの体を支えるネットなど。ママ1人での沐浴をサポート。
ベビーシャンプー 1本 669円 頭が脂っぽくなりがちな赤ちゃん。脂汚れをすっきり落とすなら、髪専用のシャンプーを。
沐浴剤 1本 1177円 沐浴のお湯に使い、肌を洗浄する成分が入っている。すすぎの必要はない。
スキンケアグッズ 1本 708円 赤ちゃんの肌の保湿用に。オイルは耳やおへそのケア、ベビーマッサージにも使えます。
つめ切り 1個 556円 はさみタイプが多い。大人用の小さなものでうまく切れるなら代用しても。
くし&ブラシ 1セット 575円 髪の量や状態は生まれてみないとわからないので、産後様子を見て購入するのが無難。
鼻水吸い器 1個 - 赤ちゃんの鼻水をチューブを通して口で吸い取る。鼻水の多い子には役立ちます。
ベビースケール 1台 - 赤ちゃんがどのくらい母乳を飲んでいるかチェックできる。発育が気になる人に。

 

■ ねんねグッズ


みんなが必要
アイテム 目安数 平均
購入価格
ひと言情報
敷布団 1枚 17969円
(布団累計)
使用期間0ヶ月〜1才。赤ちゃんの背骨のゆがみを防ぐためにも、専用のかためのものを。
敷布団用シーツ 2枚 布団のサイズに合わせた肌触りのいいものを選んで。洗い替え用も必要。
肌掛け布団 1枚 薄手の掛け布団。1枚で使ったり、寒い日は掛け布団と重ねて使ったり、温度調節に役立つ。
肌掛け布団用カバー 1枚 春夏は汗をよくかきます。簡単に洗える肌掛け布団用カバーで清潔を保って。
綿毛布orタオルケット 1枚 綿毛布は通年、タオルケットは夏にお役立ち。真夏は大きめのバスタオルでも代用可。
必要に応じて
アイテム 目安数 平均
購入価格
ひと言情報
掛け布団 1枚 - 秋冬にベビー布団を使う場合必要。素材が軽く、保湿・吸湿・通気性に優れたものを。
掛け布団用のカバー 1枚 - なかなか洗えない掛け布団。簡単に洗えるカバーがあればいつでも清潔に。
キルティングパッド 1枚 - 汗やこぼれたミルク、おしっこなどを吸収し、敷布団にしみ込まないようにするパッド。
防水シーツ 1枚 - 水分が敷布団にしみ込むのを防ぐ。夏はムレやすくなることが。
ベビーベッド 1台 18650円 使用期間0ヶ月〜1才過ぎ。レンタルでも豊富な種類がそろっているので、検討の価値大。
ベビーチェア&ラック 1台 16532円 ロータイプは、0ヶ月〜2才ごろ、ハイ&ロータイプは0ヶ月〜4才ごろまで使用可。
バウンサー 1台 11223円 使用期間は1才ごろまで。赤ちゃんの手足の動きに応じてゆらゆら揺れる。
メリー、モニターなど 1個 - 低月齢のころ、メリーを回すと落ち着いてねんねする赤ちゃんも。

 

■ お出かけグッズ


みんなが必要
アイテム 目安数 平均
購入価格
ひと言情報
チャイルドシート 1台 30169円
使用期間0ヶ月〜1才の乳児用と、0ヶ月〜4才の乳児・幼児兼用が。車との相性を調べた上で、実際に試し付けできる店で購入を。
必要に応じて
アイテム 目安数 平均
購入価格
ひと言情報
抱っこひも 1個 7310円 使用期間0ヶ月〜2才半。横抱き専用から多機能のものまで、お出かけのスタイルに合わせて選んで。
ベビーカー 1台 A型
21310円
使用期間2ヶ月〜2才。大きめのタイヤで、背もたれは130度以上に倒せる。
A型・B型兼用
36754円
使用期間2ヶ月〜2才。A型の基準を満たしつつ、軽量でコンパクトなタイプ。
マルチ
タイプ
34707円
使用期間0ヶ月〜2才。乳児用チャイルドシート、ベビーキャリーなどとしても使える多機能なベビーカー。
B型18710円 使用期間7ヶ月〜2才。軽量・コンパクトで、携帯に便利なタイプ。
ベビーカー用
レインカバー
1枚 - ベビーカーにかぶせて雨を防ぐカバー。ムレない工夫のあるものを。
抱っこひも用
レインマント
1枚 - 抱っこひもの上から赤ちゃんをくるみ、雨を防いでくれる。

妊娠・出産でもらえるお金&戻るお金

  • 健診費・・・妊娠中は必須! でも、けっこうかかります
  • 分娩・入院費・・・お産の前にしっかり予算を立てておきましょう
  • ベビー用品・・・環境やライフスタイルにより何がどれくらい必要か検討してください
  • 育児費・・・ミルク代やおむつ代などの育児費はベビー誕生に伴い確実に増える生活費です
  • 行事費・・・素敵な記念を残してあげるためにも、いくらかかるのか調べておきましょう