出産育児一時金

妊娠・出産は病気ではないため健康保険が使えない代わりに、健康保険から出産育児一時金が支給されます。

■ 出産育児一時金とは?

妊娠・出産は病気ではない為、健康保険が使えません。それをフォローするのが出産育児一時金です。

 

■ 出産育児一時金はだれがもらえるの?

健康保険に加入しているママならだれでも出産育児一時金がもらえます。健康保険の被保険者または被扶養者であるママが妊娠4ヶ月(85日)以上で出産した場合に支給されます。原則として出産時に加入している健康保険に請求しますが、ママが前の勤め先の健康保険に1年以上加入していて、退職後6ヶ月以内に出産した場合は、働いていた時に加入していた健康保険に請求することもできます。

 

■ 出産育児一時金はいくらもらえるの?

出産育児一時金は子ども一人につき42万円です。なので双子なら84万円、三つ子なら126万円となります。また、勤め先の健康保険や自治体によっては「付加給付」といって42万円にいくらかプラスされることもあります。

 

■ どうすればもらえるの?

ママが加入している健康保険から出産育児一時金がもらえますが、手続きには「直接支払制度」「受取代理制度」「産後申請方法」の3種類があります。

支給を受ける医療保険を確認

妊娠を機に退職する人で、退職後6ヶ月以内に出産する人は、これまで勤めていた会社の健保からの支給も可能な場合があるので、パパの健康保険かこれまでの自分の健康保険か、どちらから支給を受けるのか決めておきましょう。

受給方法を決めましょう

出産予定の産院が「直接支払制度」または「受取代理制度」を導入しているか確認した後に以下の受給方法を選びましょう。

直接支払制度・・・出産育児一時金が直接、産院に支払われます

受取代理制度・・・ママの代わりに産院が出産育児一時金を受け取ります

産後申請方式・・・自分で入院・分娩費を全額支払い、あとで健康保険に申請します

 

■ 出産育児一時金をもらい忘れていた場合は?

出産育児一時金を請求できるのは、出産の翌日から2年以内です。2年を1日でも過ぎると手続きができなくなってしまいます。前の出産でもらい忘れていた場合はすぐに手続きをしましょう。

 

■ こんな場合はどうなるの?

Q:国民健康保険の保険料を滞納している場合は出産育児一時金もらえるの?

A:滞納しているということは、その期間は国民健康保険に入っていないのと同じ状態です。このまま滞納を続けると出産育児一時金はもらえません。ただし、滞納分を支払えばもらうことができるはずなので、役所で相談して手続きをしてください。

 

Q:流産や死産の場合、出産育児一時金はどうなるの?

A:どちらの場合も出産育児一時金はもらえます。ただし、流産の場合は妊娠85日以上たっていることが条件です。用紙を準備し、医師に証明をもらい、健康保険証の「保険者または健康保険組合または発行機関」の欄に書いてあるところで手続きをしましょう。考えたくはないのですが、万が一流産や死産だった場合も忘れずに申請しましょう。

妊娠・出産でもらえるお金&戻るお金