高額療養費

医療費の自己負担分が限度額を超えた場合、健康保険から払い戻しがあります。

■ 高額療養費とは?

保険診療による自己負担額が一定の限度額を超えた場合、その超えた分が高額療養費として健康保険から払い戻されます。妊娠、出産は病気ではないのですが、トラブルの種類によっては保険が適用になり、さらに自己負担限度額を超えた場合は、高額療養費の対象になります。

診療後、いったん自己負担額の全額を支払い、加入している健康保険などに申請すれば、自己負担限度額を超えた金額が戻ってきます。自己負担限度額は、収入によって異なり、決められた計算式によって出されます。

 

■ 高額療養費が適用となる条件は?

健康保険の被保険者または被扶養者まで、1人の人が同じ医療機関に支払った1ヵ月(1日から末日まで)の医療費が、自己負担限度額を超えたとき。

 

■ 高額療養費はいくらもらえるの?

自己負担限度額を超えた金額が戻ってきます。

 

■ 高額療養費の申請に必要な書類は?

高額医療費支給申請書、健康保険証、医療機関の領収書などです。

 

■ 高額療養費の申請する時期は?

原則として診察日の翌月の1日から2年以内です。

 

■ 高額療養費の受け取り時期は?

各窓口に問い合わせてみてください。

 

■ 高額療養費の申請・問合わせ先

健康保険証の「保険者」または「健康保険組合」または「発行機関」となります。

妊娠初期(1〜4ヵ月)のママへ