赤ちゃんの名づけ・命名【音の響き・読み方ではじめる】

繰り返し名前を呼ばれることで、その音が持つイメージがその人の性格に影響を与えるという考え方もあるように、音の響きや読み方から名前を考える人も多いようです。まずは好きな名前や愛称を挙げることからスタート。候補がある程度絞れてきたらそれらにあった漢字を考えていきます。名前の読み方は基本的に自由ですが、一生付き合うものなので、赤ちゃんが将来困らないようにしましょう。

下記の赤ちゃんの名づけ・命名の基本的な進め方をチェックしてみてください。

@好きな名前は?愛称は?声に出してみましょう

まずは自分の気に入っている名前の読み方や愛称を思いつく限り声に出して挙げてみましょう。たとえば「優ちゃんと呼びたい」場合は、「ゆうか」「ゆうき」「ゆうこ」などが考えられます。

 

Aその読み方に合う漢字の組み合わせを考えよう

候補がいくつか出てきたら、今度はその読み方に合う漢字を探します。漢字の音読みや訓読み、名のりをチェックして、好きな読み方にあうものをピックアップします。「ゆうか」なら「裕香」「優香」「由華」といったかんじです。

 

B漢字の意味も含めて姓と名のバランスを確認

決めた漢字の意味がおかしくないか、漢和辞典で一つ一つチェックしましょう。また、組み合わせによる意味や読みの変化にも注意が必要です。たとえば、「しんた」と名づけたくても「心太」とすると”ところてん”とも読めてしまいます。書き出して、姓とのバランスをみるのも忘れずに。

 

赤ちゃんの名づけ命名