もらえるお金&戻るお金

赤ちゃんを産んで育てる家庭を経済的にサポートするために、国や自治体、社会保険制度からさまざまなお金が給付されます。ですが、どの制度も自分で申請しなければもらえないものばかりなので、しっかり申請しもらい損ねないようにしましょう。

  • 出産育児一時金・・・妊娠・出産は病気ではないため健康保険が使えない代わりに、健康保険から出産育児一時金が支給されます。
  • 出産費融資制度・・・「出産育児一時金」の前借りのようなシステムです
  • 子ども手当・・・2010年からスタートした育児費支援の制度です
  • 医療費控除・・・家族全員の1年間の医療費が10万円を超えているなら
  • 乳幼児の医療費助成・・・赤ちゃんの医療費を自治体が支援してくれる制度
  • 健康保険がきくケース・・・妊娠中・分娩のトラブル医療費には健康保険が適用になることも
  • 出産手当金・・・産休中のお給料代わりにお給料の約6割がもらえます
  • 失業給付金・・・働く意思と能力があるのに仕事が見つからないのなら
  • 育児休業給付金・・・育休中の経済面を支援するための制度です
  • 高額療養費・・・医療費の自己負担分が限度額を超えた場合、健康保険から払い戻しがあります
  • 傷病手当金・・・妊娠悪阻(つわり)などで会社を休んだ場合やその他の条件をクリアすると対象となります
  • 未熟児養育医療制度・・・自治体が赤ちゃんの入院・治療費を負担してくれます
  • もらえるお金チェックリスト・・・あなたの妊娠・出産でもらえるお金は、どれくらい?