安産体重

「太りすぎ」・「もっと太りましょう」と注意されるのは人それぞれです。安産体重とは、おなかの赤ちゃんが健康に成長し、安産を目的とした体重増加のことで、ママによって目標の体重は異なります。

■ 体重のコントロールって必要?

妊娠するとお腹の赤ちゃんの体重や胎盤、羊水、ママの血液量、皮下脂肪が多くなるので体重が増えるのは当然です。ただ、極端な太りすぎややせすぎは、おなかの赤ちゃんやママに悪影響を与える可能性が高くなるので、適切に体重を増やすことが大切です。

まずは、BMI [体重(kg)÷身長(m)2]で自分の体型をチェックしましょう。BMIが18未満は「やせ気味」、18以上〜24未満は「普通」、24以上は「太り気味」とタイプが分かれ、「やせ気味」が+10〜12kg、「普通」が+7〜10kg、「太り気味」は+5〜7kgが、それぞれに適した増加体重の目安といわれています。

 

■ 太りすぎるとどうなるの?

妊娠中に太りすぎてしまうと、「妊娠高血圧症候群」や「妊娠糖尿病」のリスクが高くなります。どちらも、出産時に難産になりやすい危険な病気です。

上記以外に、極端に太りすぎのママは、緊急帝王切開や分娩後の大量出血などのリスクが高まります。ですが、妊娠中に極端に体重を減少させたり、抑制するとおなかの赤ちゃんの発育に影響を及ぼす可能性があるので、医師の指導に従って適切に体重を増加させましょう。

 

■ つわり後の太りやすい時期に注意

つわりの後と妊娠後期はぐっと体重が増加しやすいので要注意です。つわりがなくなると急に食欲旺盛になって一気に体重が増加することがよくあります。運動量が減りがちな妊娠後期も要注意ですよ。

 

■ やせすぎるとどうなるの?

つわりの時期は無理に食べなくても、お腹の赤ちゃんの成長に影響はありません。ですが、つわりの後も思うように体重が増えないとおなかの赤ちゃんに十分な栄養がいかず、早産や2500g未満の低出生体重児になるリスクが高まるといわれています。

おなかの中で栄養不足だった赤ちゃんは、成人後に糖尿病や高血圧などの生活習慣病になりやすいのではないかという説があります。また、ママが妊娠高血圧症候群になる可能性も高くなるといわれています。