おなかの痛みと張り

おなかの張る場所や感じ方はいろいろですが、なかには流・早産につながる心配なものもあります。それぞれの張りのメカニズムやパターンを知って、いざというときに慌てないようにしましょう。

■ 「おなかの張り」ってなに?

ママが「おなかの張り」として感じるものにはいくつかの種類があり、その原因もさまざまです。今回説明するのは、その中でも「心配のない張り」です。生理現象や物理的な原因によって起こるものなので、しばらく安静にして様子を見ていれば、やがて治まる張りです。

一方、「産院に相談すべき張り」とは、そのままでいると流産や早産になってしまうかもしれない、切迫流・早産の兆候であるおなかの張り。この場合は、張りに痛みを伴うことも多く、ときには出血があることもあります。また時間がたつにつれて頻度や強度が増してくるのが特徴です。

妊娠中におなかの張りを感じた場合は、まずその張りがどちらのタイプなのかを落ち着いて見分け、必要があれば受診することが大切です。

おなかの張り・痛み 突然のトラブル(張り・痛み)

 

■ 靭帯のつれ(妊娠初期に多い)

子宮は、子宮と骨盤をつなぐように位置している「円靭帯」という靭帯によって支えられる形でお腹の中に納まっています。この円靭帯も、妊娠によって子宮がどんどん大きくなっていくことによって、通常よりも引っ張られ伸びていきます。このとき、ママには足の付け根付近が突っ張るように感じたり、チクチクとした痛みとして感じることがあります。この感覚は妊娠初期に感じる人が多いようです。

 

■ 皮膚の突っ張り感(妊娠初期・中期に多い)

赤ちゃんの成長とともに妊娠から出産までの短期間に大きくなる子宮。おなかの皮膚表面も、当然これに伴い引っ張られるように大きく伸びますが、この過程で起こる突っ張り感をときに張りや痛みとして感じることがあります。とくに妊娠中期のお腹の張りにはこのタイプが多く、どちらかというとやせ形のママの方が感じやすいようです。子宮の大きくなり具合にお腹の皮膚の伸びが追いつけない場合は、部分的に皮膚に負担がかかって妊娠線ができてしまいます。

妊娠腺の予防について 妊娠線の予防について

 

■ 子宮の収縮(妊娠後期に多い)

赤ちゃんを守り育てるお部屋の役目を果たしている子宮は、全て筋肉でできています。でもこの筋肉はママ自身の意思で力を入れたり緩めたりすることはできません。子宮の筋肉は普段は柔らかく緩んだ状態ですが、おなかが大きくなるにつれて、生理的現象としてときどき収縮するようになります。これを子宮の収縮といいます。

多くは妊娠中期頃から1時間に数回の収縮をしていますが、ママが自覚しない程度のことも多く、後期に入って30週を過ぎた頃から、ママもこの収縮をおなかの張りとして実感しやすくなります。

子宮全体が収縮しますが、張る感覚は下腹部のほうに強く現われるようです。生理的な心配のない張りですが、ママが疲れたり、体に負担がかかったりすると感じることが多くなります。

妊娠中のママへ

  • 10ヵ月間妊娠生活スケジュール・・・妊娠から出産までの10ヶ月間の生活をまとめてみました
  • 知っておきたい保険のこと・・・保険とは困った事態が起こったときの保障をしてくれます
  • 妊婦と風邪、インフルエンザ・・・妊娠中の風邪、インフルエンザを予防するには
  • 子宮筋腫・・・30歳代の20〜30%にあるといわれる気になる病気
  • おなかの痛みと張り・・・おなかの張る場所や感じ方はいろいろですが、なかには流・早産につながる心配なものもあります
  • 「糖が出ている・高い」といわれたら・・・尿検査や血液検査で糖が出ている、高いといわれると何かトラブルでは?と考えるママもいるでしょう。ですが必ずそう
  • 妊娠糖尿病とは・・・妊娠中の一時的なものですが、発症しなかった人と比べると、将来、糖尿病になる可能性が高くなります
  • 出生前診断・・・赤ちゃんがおなかにいるときに先天異常があるか調べる診断ですが、受ける前に慎重に考えましょう
  • 安産体重・・・安産体重とは、おなかの赤ちゃんが健康に成長し、安産を目的とした体重増加のことで、ママによって目標の体重は異なります
  • 突然のトラブル(転倒)・・・もしも転倒したときには慌てずに状況・経過を確認しましょう
  • 突然のトラブル(破水)・・・破水は赤ちゃんを守っていた羊水が流れ出し、お産がもうすぐ始まるというサインです
  • 突然のトラブル(痛み)・・・痛みを感じるほどの強い張りを感じた場合は、何らかのトラブルの可能性も考えられます
  • 100点パパを作る5か条・・・100点パパがいれば家族みんなが幸せです