妊娠中毒症の予防について

妊娠中毒症は、悪化するとママの体や赤ちゃんの体に深刻な影響を与えてしまうこともあります。定期的に行われる妊婦健診の目的の一つは、そんな妊娠中毒症をできるだけ早く発見し、かかってしまったら症状の軽いうちに抑えることです。症状を見逃さないために、また、かかりにくくするためにどうしたらいいか、考えましょう。

■妊娠中毒症ってなに?

妊娠中毒症とは、妊娠に対してママの体がうまく適応できない状態をいいます。

ママの体は、おなかの赤ちゃんを異物とみなし、赤ちゃんが体内にいることにより、体のいろいろな機能をそれに合わせようとしていきます。たとえば、お産のときの出血に備え、次第に血液が固まりやすい傾向になります。

こうした変化に対して、体に負担がかかりすぎると、血圧が高くなったり、尿にタンパクが出てきたり、むくみが生じたりといった「不適応」の症状が出てきます。この状態が妊娠中毒症です。ほとんどの場合、赤ちゃんを出産して各器官への負担がなくなると、こうした症状は治まります。

 

■妊娠中毒症の主な症状は?

妊娠中毒症の主な症状は、高血圧、尿タンパク、むくみの3つです。この3つがそろわなくても、どれか1つが出た場合、数値によっては妊娠中毒症と診断されます。また、体重が1週間に500g以上急激に増えた場合も、妊娠中毒症の始まりと考えて対処することもあります。少しの報いだけが出ているときには、要注意ではありますが、妊娠中毒症とはいいません。

妊娠中毒症の3大症状
高血圧
健康な妊婦さんの血圧は、最高血圧が100〜130mmHg、最低血圧が60〜80mmHgぐらい。それが最高140mmHg以上、最低90mmHg以上になったとき、高血圧と診断されます。多くの場合、自覚症状はありません。頭痛、耳鳴り、めまいなどを感じるようになったら、かなり進行しているといえます。
尿タンパク
腎臓の働きが悪くなると、血液中の老廃物をろ過して作る尿の中に、本来なら含まれるはずのないタンパク質が漏れ出してしまいます。これは、健診の尿検査でチェックされます。検査で++が出たり、+が2回以上出た場合は、再検査をして、妊娠中毒症につながるものかどうかを調べます。
むくみ
むくみとは、血液中の水分が細胞の組織の中に染み出し、皮膚の下に水がたまったような状態になることをいいます。妊娠中はママの体内の水分が増えるのでむくみやすくなります。朝から手足がむくんでいるとき、トイレの回数が減ったとき、急に体重が増えたときは要注意です。

 

■妊娠中毒症はおなかの赤ちゃんにどんな影響があるの?

妊娠中毒症になると、血管が収縮して、血液の循環が悪くなります。胎盤へ向かう血液の量も少なくなり、おなかの赤ちゃんへ十分な血液が流れなくなることがあります。万が一重症化すると、赤ちゃんが十分な栄養や酸素を受け取れなくなって発育が遅れ、体重が増えなくなったり、元気がなくなったりすることがあります。最悪の場合、赤ちゃんが子宮内で仮死状態になることも。

このような症状が予想される場合、母子を危険から守るため、まだ生まれるには早い時期であっても人工的に出産させることになります。生まれた週数や赤ちゃんの状態によっては、NICU(新生児集中治療室)に入らなければならないこともあります。

 

■妊娠後期にかかりやすいのはなぜ?

妊娠中毒症が発症しやすいのは、妊娠36週以降。妊娠中毒症にかかる人のほとんどがこの時期に発症します。後期になると赤ちゃんが大きく育ち、より多くの血液を必要としてママの血液量がますます増え、さらにママ自身も体重が増えて、各器官にかかる負担も大きくなってくるからです。

 

■妊娠中毒症はどんな人がなりやすいの?

妊娠中毒症が起こる詳しいメカニズムはよくわかっていませんが、かかりやすい妊婦さんのタイプはある程度わかっています。

もともと慢性腎炎や高血圧症、膠原病(こうげんびょう)、糖尿病などの持病がある人、両親やきょうだいにそれらの持病を持つ人がいる妊婦さんは、初期のうちから十分な注意が必要です。また、前回の妊娠で妊娠中毒症になった人も、こうした体質を持っているということで、今回も初期から要注意です。いつも過労状態にある人や、妊娠前から、あるいは妊娠してから太りすぎた人もなりやすいとされています。

ただし、こうした要因があるからといって必ず妊娠中毒症になるというわけではありません。当てはまる人は主治医の指示を守り、十分注意を払って生活してください。

こんな人はとくに気をつけよう!
・初めての妊娠
初めての妊娠では、母体が急激な体の変化になじみにくいのですが、2回目以降は、その変化になんとか体があわせやすいようです。
・極端に太っている人
・妊娠中の体重増加が多い人
もともと極端に太っている人は内分泌疾患を持っていることが多く、負担がかかりやすいでしょう。体重が急激に増加したときはむくみにも注意。
・高血圧の家系の人
高血圧は遺伝することが多く、現在、症状が出ていない場合でも、妊娠をきっかけに発症することがあります。
・多胎妊娠
双子、三つ子などの多胎妊娠のときは、赤ちゃんが1人の妊娠に比べ、母体の負担がより多いため、かかりやすくなります。
・合併症のある人
慢性腎炎、糖尿病、自己免疫疾患などの持病がある人は、妊娠することによってさらに負担が。主治医と専門医の指示を受けて。
・高齢妊娠
35歳以上の妊娠、とくに40歳を過ぎての妊娠の場合は成人病の発症が高まるのと同様に、妊娠中毒症も発症しやすくなります。

 

■次回の妊娠にも影響はあるの?

一度妊娠中毒症にかかると、次の妊娠でもかかりやすくなり、前回よりもひどくなることがあります。体質もそうですが、生活習慣が原因で引き起こした場合は、産後も同じ症状が続きやすくなります。

次に妊娠したときは、必ず主治医に前回の妊娠で妊娠中毒症になったことを伝えましょう。妊娠経過や出産の様子などを知った上で妊娠初期のうちから、発症しないよう、もし発症しても早期発見、早期治療が行えるように注意深く観察していきます。

 

■妊娠中毒症を予防するには?

日常生活に気を配っていけば予防は可能です。妊娠中毒症は妊娠そのものが原因ですから、その原因を取り除くわけにはいきませんが、妊娠によってかかる負担を少しでも軽くすることがカギです。

まずは体を疲れさせないこと。つかれがたまってきたなと思ったら、早めに休むことが大切です。体だけではなく精神的な疲れも禁物です。ストレスをためないようにしましょう。

そして、食生活にも気をつけましょう。塩分を控えること、低カロリーに抑えること、高タンパクのものをとることが予防の3大鉄則です。

最後に体重増加に注意しましょう。食生活を見直すことで太りすぎも抑えられるはずですから、注意を怠らないようにしましょう。

食生活のポイント
エネルギー源
麺、パンなど主食もいろいろありますが、ごはんがベスト。ハンバーガーや外食での麺類などは、カロリー、塩分に注意して。
ビタミンC
果物には糖分も多く含まれているので、食べすぎには注意。野菜を十分にとっていれば必要量のビタミンCは補給できます。
カルシウム
毎日、忘れずにとってください。ただし、とりすぎると結石の原因になることがあるので注意。
ビタミン、ミネラル、食物繊維
野菜は赤、緑、黄色と、色とりどりに食べてください。煮物やおひたしなど、たくさん食べられる献立を工夫しましょう。
タンパク質
卵1個、魚1皿、肉1皿、豆腐1皿または納豆1パックなどを1日に4種類食べるのがベストです。栄養をとらなきゃと張り切ると、とりすぎてしまうことも多いので、量を考えて献立を考えて。

 

妊娠後期(8〜10ヵ月)のママへ