冬の嘔吐下痢症について

■嘔吐下痢症ってなに?

「ロタウイルス」「ノロウイルス」「アデノウイルス」などのウイルスが胃腸の粘膜につき増殖します。そのため、胃腸が炎症を起こし、激しい嘔吐や下痢につながります。

 

■嘔吐下痢症はどのようにして感染するの?

便や嘔吐したものの中でもウイルスは生きているので、それらに触った手からウイルスが口に運ばれ感染することがあります。また、体外の環境下でも生き続けるので、これらのウイルスに汚染された食べ物などを食べて感染することもあります。

 

■嘔吐下痢症の症状は?

★突然の激しい嘔吐

★激しい下痢(ロタウイルスの場合、薄い黄色〜白色をした水のような下痢便がでます)

★発熱は、する場合と、しない場合があります

 

■嘔吐下痢症の対処方法は?

吐き始めは1時間くらい様子を見て、何も与えず、吐き気が治まってきたら、白湯をひとさじずつ与え、脱水症状を防ぎましょう。もし、5回水分を与えて5回とも吐いてしまうようなら、病院へ行きましょう。点滴で水分を補給する必要があります。

5回与えたうち3回吐いてしまっても2回分は飲めたなら、水分補給はできていると考えて、しばらくその調子で続け、少しずつ量を増やしてみてください。ただし、吐く方が圧倒的に多いと思う場合は、病院へ行きましょう。

嘔吐が治まったら、下痢があっても少しずつ消化のよいものを与えてあげましょう。おかゆ、うどんなど、すぐに栄養になる炭水化物を中心にしましょう。脂っこいもの、冷たいものは避けてください。また、にんじんは整腸作用があるので、煮込んでスープにするのもオススメです。こうして、体が自分の力で治っていくのを待ちます。

 

出産後のママへ