ウーマン・ハーブ(ラズベリーリーフティー)について

■ラズベリーリーフティーってなに?

ラズベリーリーフはヨーロッパのキイチゴの葉のことです。ヨモギのような爽やかな香りで、癖がなく飲みやすい、すっきりとした味わいのお茶です。「マタニティハーブ」「ウーマンズハーブ」とも呼ばれ、強力な薬ほどの即効性はありませんが、長期間摂取する場合でも副作用もなく、妊娠中、授乳中の女性だけでなく、全ての女性の身体の変化をサポートしてくれるハーブとして親しまれています。

 

■ラズベリーリーフティーってどんな効能があるの?

フラガリンという成分が子宮や骨盤の周辺の筋肉を調整し、生理痛などのつらい症状を緩和したり、妊娠後期に飲み続けることで分娩中の出血を抑えたり、子宮の収縮を促し、分娩を楽にすると言われています。さらに、ビタミンCや鉄分、カルシウムなどのミネラルが豊富に含まれるので、授乳期には母乳の出を良くするとともに、栄養価を高めるお手伝いをしてくれます。安産のためにも妊娠中は出産1ヶ月前からが摂取目安です。

※飲用時の注意点※
ラズベリーリーフには子宮を刺激する作用があるので、念のため妊娠初期には飲まないようにしてください。

 

妊娠後期(8〜10ヵ月)のママへ