妊娠・出産のお金大辞典妊娠出産用語集>陣痛促進剤・陣痛誘発剤

妊娠・出産のお金大辞典
ウィメンズパーク トップページ
育児、家事、料理、地域など主婦を中心とした女性が日々気になる様々なテーマのクチコミ情報が満載です。 全国のママのいろいろな意見が聞けます♪
Contents
もらえるお金&戻るお金
必要なお金
妊娠中のママへ
妊娠初期(1〜4ヵ月)の
ママへ
妊娠中期(5〜7ヵ月)の
ママへ
妊娠後期(8〜10ヵ月)の
ママへ
出産後のママへ
妊娠出産用語集
名づけ命名辞典

陣痛促進剤・陣痛誘発剤

お産が長引いて赤ちゃんがつらい状態になったときなど、必要に応じて使用されます。弱い陣痛を強くしようとするときは陣痛促進剤と呼びます。陣痛がないときに陣痛を起こそうとして使用されるときは陣痛誘発剤と呼ばれます。

陣痛を起こすホルモンを抽出して作られた薬で、オキシトシンとプロスタグランディンの2種類があります。点滴で使用され、子宮の状態が、出産に向けてある程度準備段階にあるときに陣痛を強めるのがオキシトシンです。ポロスタグランディンには点滴のほかに内服薬もあり、子宮頸管をやわらかくする作用があります。内服薬の場合は、子宮頚管の軟化が目的で、服用方法が定められています。点滴の場合は量の調節を慎重に行っていきます。

この薬の反応には個人差があります。促進剤による事故がいわれていますが、使用して陣痛をコントロールすることで母子の安全を保てることも事実なのです。



あ行 アクティブバース インフルエンザ 会陰切開 会陰裂傷 LDR
お腹の張り 悪露

か行 回旋異常 過期妊娠 過強陣痛 風邪 カンジダ膣炎
鉗子分娩 陥没乳頭 吸引分娩 クラミジア感染症 頸管熟化剤
血液型不適合 高年初産/高齢出産

さ行 臍帯下垂 臍帯巻絡 臍帯脱出 座位分娩 逆子
GBS感染症 子宮外妊娠 子宮奇形 子宮筋腫
子宮頸がん 子宮頸管無力症 子宮後屈 子宮内胎児
発育遅延
自然分娩
自宅出産 児頭骨盤不均衝 絨毛膜羊膜炎 常位胎盤早期
剥離
静脈瘤
陣痛促進剤
/陣痛誘発剤
水中出産 性感染症 切迫早産
/早産
切迫流産
/流産
遷延分娩 前期破水 染色体異常 前置胎盤 ソフロロジー

た行 胎児仮死 胎動 つわり 帝王切開 トキソプラ
ズマ症

な行 軟産道強靭 尿タンパク 尿糖 妊娠悪阻 妊娠中毒症
妊娠糖尿病

は行 微弱陣痛 貧血 頻尿 風疹 浮腫
双子/多胎 便秘 胞状奇胎

ま行 マタニティブルーズ症候群 無痛分娩

や行 誘発分娩 羊水過多症/羊水過少症

ら行 ラマーズ法 卵巣嚢腫 リーブ法


静脈瘤】 【TOP】 【水中出産

Copyright © 2006-2010 妊娠・出産のお金大辞典 All right reserved.